SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

居室待機

書を持ち野に出よう
2019WERIDE三宅島エンデューロに出走しました
0

    表題通り、2019WERIDE三宅島に出走しました。

    画像は最後の写真以外は公式カメラマンの手によるものです。

    (サムネイルクリックで大きな画像が出ます。)

     

     

     

    バイクは別の貨物船コンテナに預け、我々は東京竹島桟橋から三宅島に向かいます。

    これは竹島桟橋での受付時に配られるTシャツです。

     

    早朝に三宅島に到着したら、仮眠と朝食後、バスで第一パドックへ向かいます。

    そこでバイクを受領します。

     

     

    第一パドックからレース会場パドックへ、道路を封鎖してパトカー先導で移動します。

    道中、島の方々の声援が、、、気分は最高です!

     

     

    当日はクッソ雨でした。

    全国的に晴れの中、雨雲レーダーを見ると三宅島にだけ雨雲が、、、なんでやねん。

    海の中に火山島が立ち上がっている状況ですので、会場となった雄山に雲がぶつかって雨を降らせるのでしょう。聞くとスコールのような雨も多いとか。

    それにしても噴火から19年経つのに、火山灰に全く草木が生えていないことに驚かされます。ガスもまだ出ているのでしょうが、有機物が含まれていない?からでしょうか。他ではなかなか見ることが出来ない、バイクで走るなどなおさら、、、という状況です。

    このときは豪雨の中を走る辛さでそんなことは考えもしませんでしたが、、、。
    火山灰にはパワーを食われますので、このヒルクライムは失敗したら一度下まで降りちゃったほうが良いですね。(一回失敗して体力とクラッチ寿命を奪われました。)

     

     

    ところが一瞬、5分ほどだけ晴れ間が現れ、空には虹がかかりました。

    ヒルクライムを上がった瞬間、目の前にさっきまで灰色だった海原が青々と目に飛び込んできて「あ、こんあ素晴らしい光景を見られたら、ここでやめてももういいかな」と思ってしまいました。
    すぐまたクッソ雨に戻りましたけども。
    晴れの予報に中途まで使ったロールオフで出場してしまい、早々にロールオフを使い切ったのでゴーグルを外してしまいました。危ないのは重々承知しているのですが、、、何も見えん。
    地形や気象状況を考えると、いかに晴れ予報でも雨装備は必要ですね〜。
    レース終了すると、レセプション会場にバスで連れて行ってくれます。
    そこには獅子舞などの芸能や、お酒におつまみでの歓待が待っていました。
    いやちょっと、こんなにもてなしてくれて三宅島のこと好きにならないなんて無理でしょ?
    翌日は島の特産品などを売る「島市」会場でイベントなどもあり、楽しく過ごしたあと、島のみなさんがフェリーを見送りに来てくれ、テープを投げて三宅島にお別れです。
    また行きたいな!ありがとう、三宅島!

     

    | バイク | 15:50 | comments(1) | - | - |
    2019WERIDE三宅島エンデューロ行程&tips
    0

      JUGEMテーマ:車/バイク

      まとめました

      木曜日 金曜日の集合に向けて出発。

      準備する荷物は
      バイク、装具一式、工具(パドック用)、ガス缶、一般旅行用の着替えなど。

      これらは
      コンテナ輸送:バイク&カゴ(1*0.5*0.5m程度)に入れて運んでもらうスタンドや工具など、ガス缶
      と徒手輸送荷物とに分けます。

      コンテナは別輸送で、バイクは第一パドック(コンテナ集積場所)に運ばれ、カゴとガス缶は本パドック(レース会場)まで運ばれるので、レースに必要でなおかつ直前まで必要のないものを入れておきます。

      徒手輸送のパッキングは船室内などに持ち込むものと、荷物室(および島内トラック輸送)に入れるものに分けてパッキングしておきます。なお、雨天を想定するとトラック輸送をお願いする荷物は防水が望ましいでしょう(2019は全国的に晴れ予想だったが、三宅島付近海上のみに雨雲があり、当日大雨だった。東京の天気予報ではなく、三宅島の天気予報をチェックすることが必要。海上から火山が立ち上がる成り立ちから、雨が降れば本土では経験しないようなスコールが多く降るとのことです)。

      金曜日 受付、三宅島に向かって移動

      移動1>竹芝旅客ターミナル
      ライダーが出発する竹芝旅客ターミナルに荷物を置いておきます。(苦にならなければ後で駐車場から運んでも良いでしょう。)

      移動2>辰巳埠頭1200~1600
      辰巳埠頭に移動し、バイクとパドックに送る荷物(カゴに入れる)を預けます。
      (なお、コンテナ船はかなり揺れるとのことで、ヘルメットなどは預けないでほしいとのこと。ブーツは転がって傷がついても良いのなら自己責任でバイクのそばに置いていても良いという運用でした。)
      なお、バイクを入れたコンテナはそのまま第一パドックに運ばれ、カゴに入れた荷物とガス缶は本パドックに運ばれます。

      辰巳埠頭では受付、トランスポンダ受け取り、トランスポンダ取り付け、車検までしてからバイクを預けます。

      移動3>駐車場
      指定された駐車場にトランポ(車)を駐車します。(これは場所が変わるそうです。)
      必要な荷物は以後は自持。

      受付やフェリーの時間は夜ですので、この間に食事(と飲み)を行います。

      移動4>竹芝旅客ターミナル2330~2130
      受付(要MFJライセンス証)を行い、公式Tシャツ、荷物タグと往復旅客券を受け取ります。
      記念撮影後、フェリー乗り込み。

      移動5>フェリーにて三宅島へ。2230~
      なお、三宅島までは180km、最短6時間30分。千葉沖に出るまでは内海なのでほとんど揺れませんが、外洋に出ればかなり揺れるので、外洋に出るまでに寝てしまえばかなり楽です。

      土曜日 レース当日

      早朝(0500以降)に三宅島に到着。当日の波?風?によって到着桟橋が変わるという話です。
      ここで、大きな荷物はトラックで運んでもらえるので、パッキングした荷物を預けます。(平ボディのトラックに乗せるので、雨の場合は濡れます。防水パッキングが望ましいと思います。)

      移動1>宿舎
      ライダーは手荷物を持って、バスに乗って宿舎へ。
      宿舎でトラック輸送の荷物を受け取り、仮眠、朝食のあと、
      ライディングギアを身に着け、そのままバイクに乗れる格好の準備をしてバスに乗り込みます。
      なお、帰りには後述の第一パドックで着替えができるので、着替えや靴などを持っていく事ができます。南国とはいえ11月なので、汗に濡れたままだと寒いので、これは必須でしょう(本年は雨で相当寒かったので、ここで着替えがなければ確実に体調を崩していたと思われます)。

      移動2>バスにて第一パドックへ
      第一パドックには辰巳埠頭で積み込んだバイク(と人によってはブーツ)がコンテナごと到着しています。
      コンテナがそのまま更衣室(女性用は別にあり)になりますので、ここに着替えや靴などを置いておきます。

      移動3>自走でコース上パドックへ
      公道をパトカーの先導でまとまって自走でコースまで向かいます。(なので、辰巳埠頭でバイクを預けるときにバイクにガソリンを入れておく必要があります。)
      パドックには、ガス缶とカゴが到着しています。

      1周の下見走行(任意)のあと、
      開会式、ライダーズブリーフィング、記念撮影

      1100より150分のレース

      1330終了後、昼食(弁当&温かい伊勢海老入り味噌汁!)。

      そしてコンテナ輸送してもらう荷物をカゴに入れます(このカゴとはバイクを積み込んだ辰巳埠頭で再会します)。人によってはこのカゴに帰り用のヘルメットや靴を入れてきて、汗などで濡れたヘルメットやブーツをカゴに入れていました。それが賢いかも、、、。

       

      移動4>自走でコースより第一パドック(コンテナ)へ

      行きと逆に、公道をパトカーの先導でまとまって自走で第一パドック(コンテナ)まで戻ります。

      ここで着替えを行い(宿舎に帰るまで長丁場なので、必須かと。またほとんどの人が祝賀会では受付で配られた公式Tシャツを着ています)、汚れたブーツやウェアなどはビニール袋に入れてバイクに引っ掛けておきます。これらはコンテナに入れられ、ライダーとは別に辰巳埠頭に向かいます。

      ただし、帰りはライダーが辰巳埠頭に到着したときにはすでにバイクと荷物は降ろされていて、しかも場合によってはバラバラになっています。同じブーツなどいくらでもあるので、しっかりと目印(目立つ袋に入れておくなど)をしておかないと、ロストバゲージ(他の人に間違えて持って帰られてしまう)が発生します。私のブーツも他の人に回収されていた(主催者の人が必死に聞き込みして探してくれました、感謝)し、チームメートのブーツは最後まで出てきませんでした、、、。

      (バイクに付けたトランスポンダは主催者が回収してくれていました。)

       

      移動5>バスにて祝賀会場へ

      若干のおつまみと、ビールなどが用意されている会場で、表彰式とじゃんけん大会(バイクが当たる!)が行われます。割と長丁場です(ので濡れたウェアだと体調を崩すと思われます)。

       

      移動6>バスにて宿舎へ

      宿舎での食事が出ます。あとは飲み飽きるまで飲む、、、わけですが、酒があるかどうかは宿舎に確認しておいたほうが良いかと思います。(私の泊まった宿舎にはなかったので、手持ちを飲みました。)

      風呂に入って、2日ぶりにお布団でしっかりと睡眠を取ります。ありがてぇ。

       

      日曜日 本土に向かって移動

       

      希望者にはオプショナルツアー(ジオツアー)あり。

      行きと同じように、大きな荷物はトラックで桟橋まで輸送してくれますので、預けます。

       

      移動1>ジオツアーもしくは、時間差で島市(物産展)会場に移動。

      ここで買い物やデモのあと、弁当で昼食です。

       

      移動2>出発桟橋へバスで移動。

      出発桟橋にはトラックに預けた荷物が来ていますので掌握します。

       

      移動3>フェリーで本土(竹芝)へ1330~

      千葉沖に到達するまでは外洋なので揺れます。乗り物酔い防止薬は必要でしょう。

       

      移動4>竹芝から駐車場へ

      電車で移動します。

       

      移動5>駐車場でトランポを掌握、バイクを受け取りに辰巳埠頭に移動します。

      辰巳埠頭にてバイクと、一緒に輸送してもらった荷物を掌握(ロストバゲージありましたが、、、)し、積み込み。

       

      移動6>お家に帰るまでがエンデューロレース、すでに時間は21時を回っていますが、頑張って帰宅します。お疲れ様でした!

       


       

      | バイク | 15:12 | comments(0) | - | - |
      NV200でトレーラーをひいてみる
      0

        JUGEMテーマ:車/バイク

         

        いつもお世話になっているモーターサイクルショップニュートンさんでトレーラーを借りて、ひいてみました。いつもありがとうございます。


        シーマリンの折りたたみトレーラーMT34Fですね。



        ひいてみました感想をあげておきます。
        1>直進している限りは何の変化もない(当たり前だけど)が、空荷だとトレーラー自体がメッチャ跳ねる。
        2>カーブは内輪差が結構エグいが普通のカーブならそれほど意識することもない。ただ、駐車しての発進などで隣に駐車されているところから出ようとすると、ギッチリだと割と無理ゲー。素直に大型駐車場に止めるべし。なお横に止めようとすると普通車4台分の場所を取る。
        3>バックは無理。キッパリ無理。切り離して手で押すべし。割とスコスコ動く。
        4>フックでの固定は危険。舗装路なら大丈夫かもだけど、千里浜ドライブウェイで大きな段差を超えた時に外れた!シャックルを使うか、フックをテープやタイラップなどで固定する必要があると思う。
        5>煽られても(後続と車間が詰まっても)トレーラー分離れているから、わかんない。
        6>ETCセットアップしておけば高速も自動で中型車になる(値段2割アップ)。

        7>いろいろと気を使うけど、案外、普通に走れる。

        | トランポ | 16:34 | comments(0) | - | - |
        シーマリンのアルミヒッチカーゴを買うが、間違えて40mm用を買ってしまう
        0
           
          タイトルのママ、シーマリンのアルミヒッチカーゴを買うが、間違えて40mm用を買ってしまいました。
           
          なんでわざわざ、、、
           
           
          こちらの商品です。
           
          http://www.sea-marine.com/hitchmember/kanren/almihitchcareerori40.html
           



          でけえ。

          そして、いつも無理を言うてる今里溶接さんにまた無理を言うて、50角の鋼材を溶接してもらいました。いつもいつもスンマセン。



          折りたたみ可能ですが、折りたたむとナンバーが隠れますw
          そして少しの段差でも後端をすぐ擦ります。使い所が難しい、、、。
           

          JUGEMテーマ:車/バイク

           

          | トランポ | 16:14 | comments(0) | - | - |
          NV200にヒッチメンバーを取り付け(てもらう)
          0
            サントレックスの「ポン付けできます」というNV200用ヒッチメンバーを購入、、、
            してみましたが、激重の上、あわせてみたところ、フレームに穴あけが必要なようです。
            それポン付けいうの、、、ていうか、HPで穴あけ不要になっていますが、、、?
            しゃあないので、いつもの車屋さんに相談しましたが「やったことないなぁ」と気弱げ。
            いろいろと検索したところ、東大阪のアクタスさんがやってくれそうだったので、
            電話で依頼して取り付けてもらいました。
            取り付けをお願いしたアクタスさんまとめ
            1応対がフレンドリー
            2価格が安い、ネット検索価格の3割引
            3応対が適当で最高
            今日行ったらシャッター閉まってて電話したら「来るよ言うてた時間に来られなかったので皆、出てしまいました!取付はちゃんとやってますので何かあったら電話して下さいね!キーは後輪の上に置いてます、お金は振込でよろしくね!」一円も払ってない(内金なし)初めての客をそんなに信頼してええん?とこっちが気になる。
            ブログにも記載してもらいましたー。
            次も何かオプション取り付けで悩んだらアクタスさんに頼もう。
            https://www.goo-net.com/pit/shop/0706765/blog/98046

            JUGEMテーマ:車/バイク

            | トランポ | 16:07 | comments(0) | - | - |
            NORITZボールチェーンアンカー
            0

              NORITZの風呂の蓋をつなぐボールチェーンアンカーについて

              ボールチェーンが切れたので外そうとしても、どうしてもこうしても外れない。

              構造としてはアンカーごとネジ止めして、そのネジ隠しの樹脂部品が爪で引っかかっているだけの単純な構造である。
              ところが、この樹脂部品がどうしてもこうしても外れない。

              こじって外そうにも、金属カバーとの間に隙間がないのである。

              金属カバーごとこじって回してみたが、ネジがやや緩んでくるくる回るようになって、、、そこで終わりである。くるくる。

              JUGEMテーマ:DIY

              結局、金属部分をこじって半ば破壊して強引に隙間を開けて、爪を後ろから押して外した。

              その後、金属部分をベンディングし直して(やや歪んでいるがOKとする!)、次回外すように見えにくい右下の位置にコジリ用の切り欠きを付けておいた。

              今回の経験をもとに同様の形式のアンカーを外すために、この樹脂部品を外すための方法としては3つほど考えられる。

              1>ボールチェーン部分からこじって回しし少し外し、全周にわたって金属部分を広げて半破壊、爪を後ろから押して外し、その後ネジを外して金属部分を外してベンディングし直す(今回の方法、なおNORITZのサイトでこの部品販売は見つけられなかった)。

              2>小型ドライバーを薄く加工して隙間にねじ込んでこじって外す。もしかして専用工具がある?樹脂部分や金属部分が多少削れたり変形してもそれほど使用に問題はないので、叩き込んでも良いかもしれない。

              3>ルーターでコジリ用の切り欠きを入れてこじって外す(多分これが一番スマート?)

              しかし少し隙間を開けておいてくれれば何の苦労もないのに、、、見た目良く仕上げるためにこういう仕様になっているんだろうけど、ホンマにしょうもないところで苦労させてくれますなぁ、、、。

              | 道具 | 19:06 | comments(0) | - | - |
              なにわ陸運局でのトレーラー登録(H30.5.10)
              0
                なにわ陸運局でのトレーラー登録メモ

                1)新規コースで「ライトトレーラーの牽引登録をしたい」と言うと「950ですね」と計算書を作ってくれる。(NV200 は車重が軽いので620kgまでしか曳けませんのでご注意を、とのこと。もっと重いのを曳きたいのなら車の構造変更して車重を重くしたらもう少しイケるらしい。
                2)事務棟の受付で言われるままに書類を書く。
                3)しばし待つと車検証を書き換えてくれる、終わり。

                費用はなし。なんか、ネットで調べたのと全然手順が違う。陸運局ごとに違うのかな。

                なお、ヒッチメンバーもトレーラーもまだ無い模様。
                | 乗り物 | 14:48 | comments(0) | - | - |
                NV200に乗車用アシストロープを付ける
                0
                  最近足腰が痛いのでクルマに乗り降りがしにくいという父の要望で、
                  NV200にアシストグリップをつけようと画策してみました。
                  内装を剥がそうとすると、、、
                  バイザーをとめるネジがトルクス。
                  日産ふざけんなよてめぇ!
                  バンパーもトルクス使ってるんですよね。
                  しかも手持ちのトルクスドライバーの径は(バンパーには合致したけど)これとは合わないという、、、
                  嫌がらせか?
                  しゃあないけど、内装材を折り曲げて作業します。明日もクルマで父を送るんで、、、。
                  まぁこの内装って、表面処理のせいか折り曲げても戻せばそれほど目立たないんですよね。
                  (まぁ目立ってもやるんですけど。)
                  NV200は謎穴が結構空いているので期待していましたが、やはりありました。
                  日産大好き、最高!愛してる!
                  画面奥がAピラー内装用のクリップで、手前に謎穴が。
                  しかしこれ、6ミリ径のターンナットがギリギリ通らない。
                  ふざけんな日産、嫌がらせか?!使えんやつやな、どうせならナット仕込んどけや!
                  リーマーで問答無用ゴリゴリ削ります。リセール?なんですか、知らない子ですね、、、。
                  はい、アイボルト〜。
                  内装材から頭が出るか出ないかというギリで結果的に最高な位置に来ました。
                  ちょうどココに内装材の支えスポンジ?が来るので、邪魔な部分は切り取って内装材に穴を開けます。
                  とりあえず荷締めロープの端を切り取って結んでみました。
                  尼でググって出てきたらくらく持ち手
                  というのを発注したので、明日か明後日には来るでしょう。
                  いいんじゃないかな?

                  JUGEMテーマ:車/バイク

                  | トランポ | 17:27 | comments(0) | - | - |
                  泥がつくと掃除しにくいリアハッチ受けとスペアタイヤボルト穴をゴム板で隠す
                  0
                    表題そのままです。



                    これが



                    こうじゃ。

                    モーターサイクルショップニュートン店長さんに「今、同じNV200をトランポにしてる方が来られてますよ!」と紹介していただいたYZ250FXの方の工夫をそのままパクらせていただきました。
                    そういえはお名前も聞いてなかったですね、、、ありがとうございます!見てたら連絡ください!
                    | 乗り物 | 16:20 | comments(0) | - | - |
                    曲がったカブのペダルをハンマーでぶっ叩いて直す
                    0
                      表題ママ。



                      思いっきり後ろに曲がってしまいました。



                      後ろのチェンジペダルに接近し過ぎて、ギアダウン困難です。
                      ここ2戦、マトモにギアチェンジ出来てないなぁ。

                      で、ぶっ叩く。



                      はいOK。



                      ギアチェンジ出来ます。

                      カブは叩けばなんとかなる。
                      | バイク | 14:35 | comments(0) | - | - |