SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

居室待機

書を持ち野に出よう
NORITZボールチェーンアンカー
0

    NORITZの風呂の蓋をつなぐボールチェーンアンカーについて

    ボールチェーンが切れたので外そうとしても、どうしてもこうしても外れない。

    構造としてはアンカーごとネジ止めして、そのネジ隠しの樹脂部品が爪で引っかかっているだけの単純な構造である。
    ところが、この樹脂部品がどうしてもこうしても外れない。

    こじって外そうにも、金属カバーとの間に隙間がないのである。

    金属カバーごとこじって回してみたが、ネジがやや緩んでくるくる回るようになって、、、そこで終わりである。くるくる。

    JUGEMテーマ:DIY

    結局、金属部分をこじって半ば破壊して強引に隙間を開けて、爪を後ろから押して外した。

    その後、金属部分をベンディングし直して(やや歪んでいるがOKとする!)、次回外すように見えにくい右下の位置にコジリ用の切り欠きを付けておいた。

    今回の経験をもとに同様の形式のアンカーを外すために、この樹脂部品を外すための方法としては3つほど考えられる。

    1>ボールチェーン部分からこじって回しし少し外し、全周にわたって金属部分を広げて半破壊、爪を後ろから押して外し、その後ネジを外して金属部分を外してベンディングし直す(今回の方法、なおNORITZのサイトでこの部品販売は見つけられなかった)。

    2>小型ドライバーを薄く加工して隙間にねじ込んでこじって外す。もしかして専用工具がある?樹脂部分や金属部分が多少削れたり変形してもそれほど使用に問題はないので、叩き込んでも良いかもしれない。

    3>ルーターでコジリ用の切り欠きを入れてこじって外す(多分これが一番スマート?)

    しかし少し隙間を開けておいてくれれば何の苦労もないのに、、、見た目良く仕上げるためにこういう仕様になっているんだろうけど、ホンマにしょうもないところで苦労させてくれますなぁ、、、。

    | 道具 | 19:06 | comments(0) | - | - |
    なにわ陸運局でのトレーラー登録(H30.5.10)
    0
      なにわ陸運局でのトレーラー登録メモ

      1)新規コースで「ライトトレーラーの牽引登録をしたい」と言うと「950ですね」と計算書を作ってくれる。(NV200 は車重が軽いので620kgまでしか曳けませんのでご注意を、とのこと。もっと重いのを曳きたいのなら車の構造変更して車重を重くしたらもう少しイケるらしい。
      2)事務棟の受付で言われるままに書類を書く。
      3)しばし待つと車検証を書き換えてくれる、終わり。

      費用はなし。なんか、ネットで調べたのと全然手順が違う。陸運局ごとに違うのかな。

      なお、ヒッチメンバーもトレーラーもまだ無い模様。
      | 乗り物 | 14:48 | comments(0) | - | - |
      NV200に乗車用アシストロープを付ける
      0
        最近足腰が痛いのでクルマに乗り降りがしにくいという父の要望で、
        NV200にアシストグリップをつけようと画策してみました。
        内装を剥がそうとすると、、、
        バイザーをとめるネジがトルクス。
        日産ふざけんなよてめぇ!
        バンパーもトルクス使ってるんですよね。
        しかも手持ちのトルクスドライバーの径は(バンパーには合致したけど)これとは合わないという、、、
        嫌がらせか?
        しゃあないけど、内装材を折り曲げて作業します。明日もクルマで父を送るんで、、、。
        まぁこの内装って、表面処理のせいか折り曲げても戻せばそれほど目立たないんですよね。
        (まぁ目立ってもやるんですけど。)
        NV200は謎穴が結構空いているので期待していましたが、やはりありました。
        日産大好き、最高!愛してる!
        画面奥がAピラー内装用のクリップで、手前に謎穴が。
        しかしこれ、6ミリ径のターンナットがギリギリ通らない。
        ふざけんな日産、嫌がらせか?!使えんやつやな、どうせならナット仕込んどけや!
        リーマーで問答無用ゴリゴリ削ります。リセール?なんですか、知らない子ですね、、、。
        はい、アイボルト〜。
        内装材から頭が出るか出ないかというギリで結果的に最高な位置に来ました。
        ちょうどココに内装材の支えスポンジ?が来るので、邪魔な部分は切り取って内装材に穴を開けます。
        とりあえず荷締めロープの端を切り取って結んでみました。
        尼でググって出てきたらくらく持ち手
        というのを発注したので、明日か明後日には来るでしょう。
        いいんじゃないかな?

        JUGEMテーマ:車/バイク

        | トランポ | 17:27 | comments(0) | - | - |
        泥がつくと掃除しにくいリアハッチ受けとスペアタイヤボルト穴をゴム板で隠す
        0
          表題そのままです。



          これが



          こうじゃ。

          モーターサイクルショップニュートン店長さんに「今、同じNV200をトランポにしてる方が来られてますよ!」と紹介していただいたYZ250FXの方の工夫をそのままパクらせていただきました。
          そういえはお名前も聞いてなかったですね、、、ありがとうございます!見てたら連絡ください!
          | 乗り物 | 16:20 | comments(0) | - | - |
          曲がったカブのペダルをハンマーでぶっ叩いて直す
          0
            表題ママ。



            思いっきり後ろに曲がってしまいました。



            後ろのチェンジペダルに接近し過ぎて、ギアダウン困難です。
            ここ2戦、マトモにギアチェンジ出来てないなぁ。

            で、ぶっ叩く。



            はいOK。



            ギアチェンジ出来ます。

            カブは叩けばなんとかなる。
            | バイク | 14:35 | comments(0) | - | - |
            なにわ食堂でトンカツを食す
            0

              【勝ち負けではない】

               

              ニュートンさんとこから斜向いの「なにわ食堂」ってとこで昨日、トンカツ食べたんですよ。

               

              「腹パンパンになりますよ」と聞いていたので、「欲張って大盛りとかやめとこう、、、あ、トンカツダブル749円だけど、シングルってのがあるやん、499円だしちょっとだけ出てくるんだろうな」と思って注文したんです。

               

              すると待つことしばし、ハガキ大のトンカツが2枚載った皿が出てきたんです。

               

              (あ、これは注文間違えられたな、、、まぁ、なんとか頑張れば食べられそうなので、いいか。セルフの御飯と味噌汁、少なめにしておいてよかったな。)
              と思いながら、頑張って食いました。

               

              厚みも1センチぐらいあって、ガッツリした食べごたえ。ただ、肉は赤身なので、サクサクの衣とあいまって、脂っぽい感じはあまりせず、美味しく食べ進められます。しかし、肉肉しい、、、最後の一切れでギブアップしそうになりそうになりましたが、なんとか頑張って食べ終わりました。

               

              (、、、勝った、、、なにわ食堂に勝った、、、)

               

              とお会計をお願いすると、1000円を出したところで100円玉のお釣りがジャラジャラ返ってくるんです。

               

              「多いです、多いです、お釣り多いです。」
              「いや、499円ですよ。」
              「え?トンカツ2枚食べましたよ?」
              「それがうちのシングルなんです(ドヤァ)」

               

              (、、、負けた、、、なにわ食堂に完全敗北だ、、、この店、原価率って言葉を知らない系統の店だ、、、)

               

              というわけで、499円で見事、腹がパンパンになりました。
              というか、さっきまで腹パンパンでした。
              満腹感24時間持続ってどういうことだよ、、、。

               

              勝ち負けではありませんが、わたしまけましたわ(回文)。

              | 食物 | 11:47 | comments(0) | - | - |
              HA02カブ90のキャブレターガスケットセット
              0
                HA02カブ90のキャブレターガスケットセットをモノタロウで発注したので型番メモ。

                ホンダ ガスケットセット 16010GBG960

                 

                JUGEMテーマ:車/バイク

                | バイク | 17:24 | comments(0) | - | - |
                WEXほうのきモペットクラスで参加しました
                0

                  鈴蘭高原も出たんですけど、更新忘れてました。



                  ほうのきはゲレンデの角度が鈴蘭よりキツイ設定で、モペットクラスは大変でした。
                  全員押してたよ。ベスコンだから良かったけど、これマディだったら誰も上れなかったように思います。

                  しかしスキー場ラウンドは本当に気持ち良いなぁ。

                  | バイク | 17:06 | comments(0) | - | - |
                  カフェカブ京都(大津)に行ってきました
                  0
                    2016年6月4日、カフェカブ京都に行ってきました。琵琶湖湖畔の大津で行われ、この日は快晴!とても気持ちいい日でした。

                    写真は大津プリンスホテル37階のレイクビューダイニング ビオナから。



                    3100円食べ放題で食べ過ぎて苦しくて、ほぼ昼寝していました。何しに行ったんだー?



                    参加台数500台弱かな?
                    色々なカブを見れて眼福でした。

                    | バイク | 12:06 | comments(0) | - | - |
                    カブでエンデューロレースに出る理由
                    0



                      エンデューロレースは長時間オフロードを走る競技で、言うまでもなくハードなスポーツだ。ガングリオンとかどこそこのコダワリとか、多少の気脈の詰まりから来る不調なんてレース後に解消してしまうほど(強制的に血流で押し流されるのだろう)で、これよりきついスポーツをボクはやったことがない。
                      心身の緊張も激しく、スタート前には武者震いとも「俺はココにいていいのだろうか?!」という気弱の虫ともつかぬ震えで、昂ぶっているのかスタート前に後悔しているのか、よくわからない状態になるし、下手くそゆえ人一倍難所にハマって苦労するし、開始数分で「おうちに帰りたい」「素数を数えて落ち着くんだ」「うおおおおやってやるぜ!」というRPGでいう「こんらん」状況に陥ったまま、タイムアップまで過ごすことになる。完走すれば世界最高峰の山を征服したような、天下を取ったような気分になるし(どっちもやったことないけど)、ケガでリタイヤでもしようものなら自分が水辺の両生類の糞を集めた糞の山ほどの価値もないと痛む箇所を抱えながら落ち込んでしまう、非常に振り幅の激しい激情と言っていいほどの感情を味わうことになる。
                      まぁ危険でもあることは否定できないスポーツだし、それに備えるために万全を期すようにはするし、逆に万全なんてものはないということや、「もし何々が起こったらどうしよう?」を起こる前に考えても仕方がないし、起こったら起こったで対応することも重要で、その対応も保険で金がどうこうより仲間を作って(こういう極限スポーツをやっているとその場にいる人は苦行を共にする仲間だと思えるし、実際に秒速で仲良くなる)誰かに頼ったり頼られたりのほうが重要という、最近流行りの「お金より関係」などの、人生の知見がバリバリと実感を伴って得られていくのも魅力です。
                      まぁそういう日常をちょっと離れた状況に身を置くエンデューロレースなのですが、レースと言ってもボクが出ているのはWEXという初心者向きレースが主で、しかも毎回リザルトは最下位あたりを探せば見つかる程度なワケです。それでもトレール車(セロー)から一昨年ミニモトながらレーサー(KX85)に乗り換えて、バイクをステップアップしました。そしてKXを買ったのが嬉しすぎて、1日でKXとカブのダブルエントリーで2本走ったりとしながら「やっぱレーサースゲェなぁ!」「カブはやっぱオフ向けじゃないなぁ(当たり前)」とか思いつつ、これからフルサイズレーサーのYZ125Xあたりにステップアップかなってのが普通かと思うのです。
                      ですが、そういう風に順調に日常から離れた速さを求めていくこと、それがレースの本道なのですが、「ん?ちょっとこの修業は、つきつめて道具も全てレーシング仕様にしていくと、なんていうか、日常の身体使い、生活へのフィードバックがかえって少なくなるぞ。」ということを考えるようになったのです。
                      逆にカブは乗れば乗るほど「普段使いのカブでここまでイケルのか!」という驚きがありました。普段使いの身体を使っている、そして武術もバイクも普段使いの身体使い能力アップの修行のためと思っている自分としては、レーサーを乗り継いでいってもっと上のクラスでもっと速さを求める、というのは、なんか違うなと思い至るようになりました。
                      それよりは普段使いの身体で普段使いのバイクを使い、非日常の修行をしたほうが、自分の目的とする「日常が壊れ(ケガ病気事故災害など)てもなんとかできると思える強さ」に近づけるような気がするのです。

                      というわけで、WEX鈴蘭はモペットクラスで出ますね。前日の診療はお休みします。

                       

                      JUGEMテーマ:車/バイク

                      | バイク | 15:06 | comments(0) | - | - |