SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

居室待機

書を持ち野に出よう
ロボット掃除機を買いました
0



    アマゾンで10000円チョイ、、、と、今見てきたら5000円になってる、、、

    かなり、バカで可愛いです。



    かなり低いところまで入っていきます。


    「出れない!出れない!」

    「やっと出れた!」



    また入るのかよ、、、

    そして、自動でステーションまで戻るはずが、、、



    惜しい!
    もう少し!

    まぁゴミは取れているんで。

     

     

    2017.4.24.1520追記 これいきなり半額になったの、話題の中華詐欺ですかね?

    | 道具 | 14:55 | comments(0) | - | - |
    親の家の換気扇も壊れたので交換しました
    0
      うちと同じ状況です。

      http://blog.hatahira.com/?eid=247

       

      分かっていると話が早いですね。

       

      こういうのはモデルチェンジせずに作り続けてくれると、本当に助かる。

      パナありがとう!

       

      換気扇代は8500円ぐらい。

      お駄賃1500円もらっちゃいました。

       

      JUGEMテーマ:DIY

      | 道具 | 09:58 | comments(0) | - | - |
      どこでも売ってるけど、リアルでは売ってないロックナットレンチ
      0

        昨日モノタロウから納品されたモノのうちロックナットレンチが入ってなかった。モノタロウに限らず、こういうことってたまにあるから納品書と現物の突合は必要だね!

        さて、昨日のうちにクラッチの交換をしたかったので、ロックナットレンチを探しにコーナンプロを巡った(布施コーナンで聞いたら菱江プロにあると言われたが、、、)のだが、結論を言うと、ありませんでした。こういうちょっと変わった商品ってネットで叩けばいくらでも売っているんだけど、実店舗探すとどこにもないんだよね。

        ロングテール商品は素直にネット通販するほうがいいよな。

         

        JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ

        | 道具 | 11:43 | comments(0) | - | - |
        換気扇が壊れたので交換しました
        0
          換気扇が動かなくなりました。
          業者に電話したところ「10年以上使っておられるのならスイッチなども劣化しているだろうから、フードごと交換した方がいいですよ、10万円です」といわれました。
          ぐぬぬ。
          10万はないわ、と探しましたが、金属羽根式(フード内設置は金属しかダメらしいです)で電気式シャッターで、コネクタ接続方式って確かに無いんですよね。
          ホムセンや電気屋をまわりましたが、あるのは樹脂羽根式でひもスイッチのものばかり。

          結局、ネットで後継機種らしきものを見つけましたが、パナに電話して聞いてみたところ「昔のものとコネクタ形状は違うが、どう違うかはわからない」としか分かりませんでした。まぁ、最悪、コネクタ変換で行けるやろ!と取り寄せて付けてみたところ、ポン付けでいけました!


          パナのFY25MH5

          以前はコネクタ4極で風速のハイローと、電気式蓋の開閉をしていました(風速2極、蓋が1でアースが1?)が、今回は2極で、運動開始と同時に蓋が開く仕様のようです。

          以前の4極コレクタにうまいこと刺さりました。


          やれやれ、全交換10万言われたのが換気扇のみ交換の1万で済みました。
          | 道具 | 17:09 | comments(0) | - | - |
          マックオフを使ってみました
          0
            マックオフ使ってみました これ、スゲェわ。 本当に振りかけて高圧洗浄かけるだけでスッキリ落ちます。 昨日は朝マディ、その後ピーカンというバイクに泥固着のコンディションだったのに、振りかけて洗うと、本当に固着した泥が解けるように落ちます。 しかも!たれた2ストオイルの黒シミも落ちましたわ。こりゃすごい。 しかも泡切れも良い。 傷の中の泥汚れも取れました。こするより綺麗になる! ということで、ブーツの中にも使ってみたところ、すすいでもすすいでも泡が出ます。 あれ? うーん、どうも「ナノテク」とかうたってるの、本当かも?布繊維に入り込むと取れにくいのかな? 樹脂とかには良いけど、布に使うとすすぎが大変ですね。 ただ、欠点も。 まず、スプレーボトルをプシュプシュするのが、練習後はしんどい。握力無いっつーの。 そして、値段が、なぁ。 どんなに高性能でも、かかってないところには無理やろ。 ということで、全体にかけると半分以上なくなりました。 ついでに装備とか色々とかけると一本無くなりました、、、これ、2000円弱するねんで? うーん、凄いけど、コスパがなぁ。 ラッキー商会さんが売ってるスリックはなんぼなんやろ? 泥が固着していたブーツにマックオフをかけて、シャワーで流しただけでこの状態です。本当に価値はある。 11659316_919563028100614_4890854731547468037_n
            | 道具 | 01:06 | comments(0) | - | - |
            刀剣に興味なし
            0
              私は刀剣には2ミリぐらいしか興味がありません。 理由の一つとして私の指向として「人類が熱中する戦争行為に興味がある」こと、それから刀剣は外れる、すなわち「日本刀が戦争のメインウエポンになったことは、無いように思う」からです。 日本の侍は重装馬上弓兵という特異な存在でした。これは「侍の道は弓馬の道」という言葉からも伺えますし、侍階級の発生から、戦争の状況が総力戦化する戦国時代まで変わりまりませんでした。 そして、時代は下って戦国時代後期、賎ヶ岳合戦で名をあげたのは「賎ヶ岳の七本槍」でした。 これ以降、日本の合戦は鉄砲主体に変化し、鎖国開国を経て停滞するかとおもいきや、蛤御門ではすでに南北戦争で使われた歩兵戦術である散兵戦術を取り入れています。日本人、戦争民族だよな。 つまり侍の発生から消滅までのメインウエポンは弓(野戦)→槍(陣地戦)→鉄砲(近代戦)です。 この間、刀が戦争の主体になったことはありません。 (ヤクザの喧嘩とか、警察力の主体にはなったりしましたがね。) それなのになぜ、旧軍で軍刀があれほどはびこったのか?(重いんだよ、その分、弾をもてよ、米英に喰らわせる鉛弾をよ!塹壕戦ならスコップのほうが有用だろう!)そのあたりは文化論として面白いんでしょうけど、もしかすると、今の「刀剣萌え」と変らねぇのかもね。 http://lite-ra.com/2015/05/post-1065.html
              | 道具 | 10:05 | comments(0) | - | - |
              全自動二槽式洗濯機
              0
                二槽式洗濯機を買いました。 二槽式洗濯機って何回もまわす場合、早いんですよね。 脱水槽に移した時点で洗濯物からの排水は終了している(全自動はコレに数分かかる)し、二回以上回す場合は水がそのまま使えるわけです。 例えば濯ぎの水を残してそれで次の回の洗いをするとか。 二回三回回す場合は下手すりゃ時間半分で行けるわけです。 さて、今回購入したのはアクアの洗濯機。 ハイアールのブランドです。確か昔、サンヨーの家電部門を買収してサンヨーアクアというブランドで売っていて、その後ハイアールアクアというブランドで売っていました。 今は「ハイアール」を消して、更にメード・イン・ジャパン表記ですね。 まぁ中国産の家電のイメージって「燃える」「火を噴く」「爆発する」「安物買いの家失い」というイメージですんで、そういうブランド名にしたんでしょうね。 モヤっとしましたが、コーナンの洗濯機売り場にあった二槽式はこれしかなかったので、やむを得ません。 というわけで皆様、我が家が火事で燃えたら、洗濯機のせいだと思って下さい。 、、、いや、これしかなかったは、ある意味間違いです。ありました。日本メーカー品がもう一つ。 値段は5万円弱と、全自動並みですが、コンピュータ制御で「全自動二槽式」だそうです。 いわく「注水、洗い、排水、すすぎ、排水までは全自動と同じように動きます。最後の脱水だけ、脱水槽でどうぞ。」だそうです。 うわー、べんりだなぁ(棒 二槽式の良いところを消して、無駄に電子制御にして故障の原因を増やした上に、二槽式の手間を残し、それでいて洗濯とすすぎの間の脱水は省略して洗濯そのもののクオリティも下げ、そして、値段を上げましたね。 ちょっとこれを企画した担当者と上層部、この売場まで来て正座して釈明しろ。ちょっとでも「売れる!」本気で「行ける!」と思ったのか?本当にそう思ったんのか? まさに「どん判ドブ金」(どんな判断だよ、ドブに金を捨てるようなもんだぞ)です。 「日本メーカーのダメなところ」を結集したような製品だな、と思いました。なぜ素直に二槽式を作り続けなかったのか、、、。
                | 道具 | 01:07 | comments(0) | - | - |
                水ランタンが良い感じ
                0
                  水ランタン ヘッドランプやフラッシュライトなど「遠くを照らす」には便利ですが、ランタンのように「あたり全体を照らす」のは苦手、、、なのですが、そこは 光を拡散させてやる と、ランタンのように使えます。 手軽なのはコンビニ袋をクシャッとしてかぶせて光を拡散させてやることですね。 今までそうやってきたのですが、先日のソロキャンプで「酒ランタン」があまりにも良い感じだったので、「液体、良い感じちゃうん」と思っていました。 酒ランタン そして先日、白色半透明のウォータータンクにライトを当てたのが一番上の写真です。 良い感じ、じゃないでしょうか?! オフロードレースの前泊でしたが、この場に女の子が居たら、きっとうっとりですよ。 半径1キロ以内には居なかったけどな。
                  | 道具 | 03:06 | comments(0) | - | - |
                  西山商会製№2118 枝打斧オタクフク型 33cm柄付 木鞘付500g
                  0
                    西山商会製№2118 枝打斧オタクフク型 33cm柄付 木鞘付500gを購入しました。 この斧との出会いは3月21日(春分の日)にリベルタ学舎の摩耶山イベントランバージャックス加古川の一員として参加した折、武術家の甲野善紀先生にお借りして使わせてもらったことです。 感動的に使いやすかった! そして甲野善紀先生に直接、使い方をご教示していただき、「これは手に入れなアカンやろ」ということで入手しました。 オタフク斧 一目見て「これは普通のナタやないな」とわかる形です。 柄は楔で留められているのではなく、貫通して横から釘で留められています。 これもこの特徴的な形状ゆえ、柄の上から楔を打つには刃の上部が当たるからでしょう。 オタフク斧を持つ 柄の長さは33cm、手に持つとこんな感じ。 大きさ比較用にジェットストリームを一緒に持ってみました。 「ナタは小指一本余らせて持つ」といいますが、この重さだと無理っすね。柄の下部が膨らんでいるので、そこを持つとちょうどいいグリップ感です。 場合によっては両手持ちも出来そうです。 オタフク斧ヘッド オタフク斧のヘッドはこんな感じです。 このカーブした刃先が当たった枝に力を集中させ、一挙に切断します。 オタフク斧重さ表示 裏には「50」の文字。 これがヘッドの重さを表します。 今回は500gを買いました。 ディーラーの円陣さんと相談して決めたのですが、年齢を聞かれて「40代でしたら、500gぐらいがいいでしょう。ご年配で重いのがかなわんのだったら450gでしょうが、軽いとすぐに刃先が鈍るので500gがいいかと思います。」とのこと。 (購入時も色々な方にお世話になりましたが、それは後述します。) オタフク斧の柄は釘留め 後ろから。柄は釘留めです。 オタフク斧刃 上から見た様子です。 見慣れた薪割り斧に比べるといかにも薄い、でもナタの刃じゃねぇな。 蛤型の刃がいかにも長時間の作業に耐えそうです。 オタフク斧木鞘 「木鞘付」とのことですが、これは、、、ハコですな。 さて、購入に際しては甲野先生に聞いた「オタフク型」という名前と、甲野先生に見せていただいた斧の写真1枚が頼りでした。 甲野先生のオタフク斧 やっぱり道具は使い込んだほうがカッコいいな。 この写真を頼りにTwitter、FBで「誰か調べてくれ!」と呼びかけると、広島は三原の友人、プロ農家の秦さんが「西山商会の製品ということは分かりました」と円陣藤原商店さんのサイトのリンクを貼り付けてくれました。そして速攻西山商会製 枝打斧A型 両刃(重量約550g/刃長約160mm)を購入して「違うみたいです」と、、、はえーよ。早い、早いよスレッガーさん。 ということで、西山商会さんに甲野先生の斧の写真を添付してメールを出してみました。
                    西山商会様 お世話になります。 はじめてメールします。 先日、「このナタ使いやすいよ!」と武術家の甲野先生にお借りしたナタが非常に使いやすく、「オタフク型」というキーワードを頼りに探しましたが、同じものがなかなか探せません。 貼ってあるシールから見て、西山商会さんの製品だと思うのですが、当該商品はまだ制作されているのでしょうか? 画像添付します。 ご多忙中誠に申し分ありませんが、ご教示いただけると幸甚です。 537ー0013 大阪市東成区大今里南2−7−16 畠平剛志
                    そうすると、直ぐに返事が!
                    畠平剛志  様 こんにちは。西山商会の岡本と申します。 商品のお問い合わせありがとうございます。 添付写真の商品は弊社の商品です。 現在も製作しております。 №2118 枝打斧オタクフク型 33cm柄付 木鞘付      450g  ¥10,657      500g  ¥11,550      550g  ¥12,285 主によく出るタイプがこの重さになっています。 裏側(写真の写してある反対側)に数字が入っていると思います。 (45でしたら450gです。50なら500g 55なら550gです) 在庫はあります。送料はサービスになります、 お支払いは前金または代金引換になります。 消費税は5%の税込金額になっております。 4月以降は8%になりますのでご了解ください。 よろしくお願いします。 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 経済産業大臣指定伝統的工芸品 土佐打刃物製造        ☆森林・山林業資器材の総合商社☆        ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓   有限会社┃西┃┃山┃┃商┃┃会┃         ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛   〒782-0004 高知県香美市土佐山田町間163 TEL:0887-53-4181 FAX:0887-52-0286 E-MAIL: tosa-nishiyama@nishiyama-shokai.com WEBサイト: http://www.nishiyama-shokai.com □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
                    秦さんの斧とどう違うんだろう、値段も大分違うし、、、と更にメール。 これにはResは無いかもな、と思っていましたが、、、
                    早速のお答え、ありがとうございます。 あれから検索して「これかな?」という商品の販売サイトを見つけました。円陣(藤原商会)さんのサイトですが、かなり値段が違います。これは同じものでしょうか? 「せこい」ようですが、同じものでしたら安く手に入れたいという気持ちもあります。ディーラーさんの値付けには言及にしくいところもあろうかと思いますが、ご教示頂けないでしょうか。 (藤原商会さんのサイトは1025現在、システムエラーを起こしているようです。) 畠平剛志 http://www.fujiwara-shouten.com/shop/products/detail.php?product_id=310 商品コード : NishiyamaShoukai-Edauchiono-A-550 西山商会製 枝打斧A型 両刃(重量約550g/刃長約160mm) ■ 商品説明 ■ 初心者からプロまで、どなたにも使い易い様に最高級の安来青鋼を使っており、切れ味は保証付です。 職人が我が子を育てるように、一本一本真心込めて鍛造した温かみのある逸品です。 古くより良き伝統を受け継ぎ使われている枝打ち斧です。 斧としては最も使い易く切れ味の良い品です。 木鞘付き。 ■ 本体重量(鞘を除く) ■ 約660g ■ 重量(刃のみ) ■ 約550g ■ 刃長 ■ 約16cm ■ 柄木 ■ 約27cm 販売価格 : ? 7,900 (税込)
                    どのもこのメールの後、円陣藤原商会さんに連絡を取ってくれていたようで、話が進んでいました。 これ、感動しました。
                    畠平剛志  様 こんにちは、岡本です。 商品についてお答えします。 藤原商店円陣さまがホームページで販売されいる商品は 弊社の商品になりますが、同じ枝打斧ですが、少し頭の形が異なる 枝打斧A型という商品になります。 畠平様から問合せいただいた商品は枝打斧オタフクという商品で 金額も高い商品になります。(違いは頭の形、柄木の長さです。) 弊社は個人販売は定価になっておりますので、金額はどうしても高くなってしまいます。 藤原商店円陣さまに畠平様のお話をしてみたところ、 ホームページにはオタフク型の斧は掲載してないですが、販売可能だそうです。 金額も弊社の定価金額よりお安く販売できるそうです。 弊社から直接買うより藤原商店円陣さまから購入した方がお安いと思いますので お問い合わせしてみてください。 刃物(道具)は高額になるので、なるべくなら少しでも安くお客様には購入していただき、 大事に長く使ってもらいといと思っております。
                    刃物(道具)は高額になるので、なるべくなら少しでも安くお客様には購入していただき、 大事に長く使ってもらいといと思っております。 おお!感動! すぐに藤原商店さんに電話しましたら「ああ、大阪の畠平さんね、西山商会さんから聞いています。」と話がトントンっと進み「3月31日午前中に振り込んでいただいたら9240円に送料700円で結構です。」と言われたので振り込むと「メーカー直送になりますね。」と、なんと本日4月1日、素早く西山商会さんから直接商品が届きました! 嬉しいねぇ。 何より西山商会さんの「なるべく安く購入して長く使って欲しい」というユーザー目線、そしてディーラーも大切にするメーカーとしての姿勢、そして道具そのものの品質! 一発で西山商会ファンになってしまいました。
                    | 道具 | 07:04 | comments(0) | - | - |
                    旅の準備
                    0
                      旅の準備…色々とありますよね。 私が前もって必ずやっておくのが「情報を紙に転記する」ことです。 旅の準備 数年前まではiphoneに頼りっきりで、ホテルの情報なども「予約確認メールがあるから大丈夫」と安心していたのですが、震災直後に東北入りした時、安物のシガーソケット充電器にiphoneをつないだ瞬間、iphoneが完全沈黙! 「…え?俺、今日、どこに泊まるんだっけ?」 から、全てわかりません。 それ以来、旅に出る前には必要事項は全て紙に転記していくようになりました。 最近、携帯の電波の通じないところに行くことが多いので、余計に必要性を感じます。 やっぱ、最後は紙とペンやで。
                      | 道具 | 06:10 | comments(0) | - | - |