SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

居室待機

書を持ち野に出よう
なにわ食堂でトンカツを食す
0

    【勝ち負けではない】

     

    ニュートンさんとこから斜向いの「なにわ食堂」ってとこで昨日、トンカツ食べたんですよ。

     

    「腹パンパンになりますよ」と聞いていたので、「欲張って大盛りとかやめとこう、、、あ、トンカツダブル749円だけど、シングルってのがあるやん、499円だしちょっとだけ出てくるんだろうな」と思って注文したんです。

     

    すると待つことしばし、ハガキ大のトンカツが2枚載った皿が出てきたんです。

     

    (あ、これは注文間違えられたな、、、まぁ、なんとか頑張れば食べられそうなので、いいか。セルフの御飯と味噌汁、少なめにしておいてよかったな。)
    と思いながら、頑張って食いました。

     

    厚みも1センチぐらいあって、ガッツリした食べごたえ。ただ、肉は赤身なので、サクサクの衣とあいまって、脂っぽい感じはあまりせず、美味しく食べ進められます。しかし、肉肉しい、、、最後の一切れでギブアップしそうになりそうになりましたが、なんとか頑張って食べ終わりました。

     

    (、、、勝った、、、なにわ食堂に勝った、、、)

     

    とお会計をお願いすると、1000円を出したところで100円玉のお釣りがジャラジャラ返ってくるんです。

     

    「多いです、多いです、お釣り多いです。」
    「いや、499円ですよ。」
    「え?トンカツ2枚食べましたよ?」
    「それがうちのシングルなんです(ドヤァ)」

     

    (、、、負けた、、、なにわ食堂に完全敗北だ、、、この店、原価率って言葉を知らない系統の店だ、、、)

     

    というわけで、499円で見事、腹がパンパンになりました。
    というか、さっきまで腹パンパンでした。
    満腹感24時間持続ってどういうことだよ、、、。

     

    勝ち負けではありませんが、わたしまけましたわ(回文)。

    | 食物 | 11:47 | comments(0) | - | - |
    蕎麦に七味
    0
      黒部ダムの帰りに入った温泉宿の蕎麦屋で七味が出てきました。 「えっ、冷そばに七味ですか?わさびじゃなくて?」 と聞くと 「この辺りではわさびも使いますが、七味も使いますよ。私の父は蕎麦にそのままかけて食べますね。是非試してみてください。」 と言われたので、やってみました。 うん、こりゃ美味い。 わさびは鼻に抜ける辛さですが、七味は舌に伝わる辛さで、蕎麦の香りを感じるには七味のほうがいいかなと思いました。 そもそも、江戸の人が「蕎麦の香りがどうこう」と言うようには、お上品な蕎麦の香りって分かりにくいんですよね。(出雲蕎麦とかのガツンと蕎麦の香りが来る田舎そばならともかく。) そこに濃い蕎麦出汁をつけ、更に鼻に抜けるわさびなんて加えようものなら、蕎麦の香りなんて分かるわけがない。 「蕎麦なんてこんなもんだ」と思っていましたが、七味で辛味をつけて、さらに蕎麦の香りも楽しむ、というのは非常に良い食べ方だと思いました。 蕎麦にゆずなどを練り込んだ変わりそばも、普通に蕎麦出汁とわさびで食べると正直よくわかりませんが、この食べ方ならより違いが分かるかも。今度やってみよう。
      | 食物 | 06:08 | comments(0) | - | - |