SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

居室待機

書を持ち野に出よう
2019WERIDE三宅島エンデューロ行程&tips
0

    JUGEMテーマ:車/バイク

    まとめました

    木曜日 金曜日の集合に向けて出発。

    準備する荷物は
    バイク、装具一式、工具(パドック用)、ガス缶、一般旅行用の着替えなど。

    これらは
    コンテナ輸送:バイク&カゴ(1*0.5*0.5m程度)に入れて運んでもらうスタンドや工具など、ガス缶
    と徒手輸送荷物とに分けます。

    コンテナは別輸送で、バイクは第一パドック(コンテナ集積場所)に運ばれ、カゴとガス缶は本パドック(レース会場)まで運ばれるので、レースに必要でなおかつ直前まで必要のないものを入れておきます。

    徒手輸送のパッキングは船室内などに持ち込むものと、荷物室(および島内トラック輸送)に入れるものに分けてパッキングしておきます。なお、雨天を想定するとトラック輸送をお願いする荷物は防水が望ましいでしょう(2019は全国的に晴れ予想だったが、三宅島付近海上のみに雨雲があり、当日大雨だった。東京の天気予報ではなく、三宅島の天気予報をチェックすることが必要。海上から火山が立ち上がる成り立ちから、雨が降れば本土では経験しないようなスコールが多く降るとのことです)。

    金曜日 受付、三宅島に向かって移動

    移動1>竹芝旅客ターミナル
    ライダーが出発する竹芝旅客ターミナルに荷物を置いておきます。(苦にならなければ後で駐車場から運んでも良いでしょう。)

    移動2>辰巳埠頭1200~1600
    辰巳埠頭に移動し、バイクとパドックに送る荷物(カゴに入れる)を預けます。
    (なお、コンテナ船はかなり揺れるとのことで、ヘルメットなどは預けないでほしいとのこと。ブーツは転がって傷がついても良いのなら自己責任でバイクのそばに置いていても良いという運用でした。)
    なお、バイクを入れたコンテナはそのまま第一パドックに運ばれ、カゴに入れた荷物とガス缶は本パドックに運ばれます。

    辰巳埠頭では受付、トランスポンダ受け取り、トランスポンダ取り付け、車検までしてからバイクを預けます。

    移動3>駐車場
    指定された駐車場にトランポ(車)を駐車します。(これは場所が変わるそうです。)
    必要な荷物は以後は自持。

    受付やフェリーの時間は夜ですので、この間に食事(と飲み)を行います。

    移動4>竹芝旅客ターミナル2330~2130
    受付(要MFJライセンス証)を行い、公式Tシャツ、荷物タグと往復旅客券を受け取ります。
    記念撮影後、フェリー乗り込み。

    移動5>フェリーにて三宅島へ。2230~
    なお、三宅島までは180km、最短6時間30分。千葉沖に出るまでは内海なのでほとんど揺れませんが、外洋に出ればかなり揺れるので、外洋に出るまでに寝てしまえばかなり楽です。

    土曜日 レース当日

    早朝(0500以降)に三宅島に到着。当日の波?風?によって到着桟橋が変わるという話です。
    ここで、大きな荷物はトラックで運んでもらえるので、パッキングした荷物を預けます。(平ボディのトラックに乗せるので、雨の場合は濡れます。防水パッキングが望ましいと思います。)

    移動1>宿舎
    ライダーは手荷物を持って、バスに乗って宿舎へ。
    宿舎でトラック輸送の荷物を受け取り、仮眠、朝食のあと、
    ライディングギアを身に着け、そのままバイクに乗れる格好の準備をしてバスに乗り込みます。
    なお、帰りには後述の第一パドックで着替えができるので、着替えや靴などを持っていく事ができます。南国とはいえ11月なので、汗に濡れたままだと寒いので、これは必須でしょう(本年は雨で相当寒かったので、ここで着替えがなければ確実に体調を崩していたと思われます)。

    移動2>バスにて第一パドックへ
    第一パドックには辰巳埠頭で積み込んだバイク(と人によってはブーツ)がコンテナごと到着しています。
    コンテナがそのまま更衣室(女性用は別にあり)になりますので、ここに着替えや靴などを置いておきます。

    移動3>自走でコース上パドックへ
    公道をパトカーの先導でまとまって自走でコースまで向かいます。(なので、辰巳埠頭でバイクを預けるときにバイクにガソリンを入れておく必要があります。)
    パドックには、ガス缶とカゴが到着しています。

    1周の下見走行(任意)のあと、
    開会式、ライダーズブリーフィング、記念撮影

    1100より150分のレース

    1330終了後、昼食(弁当&温かい伊勢海老入り味噌汁!)。

    そしてコンテナ輸送してもらう荷物をカゴに入れます(このカゴとはバイクを積み込んだ辰巳埠頭で再会します)。人によってはこのカゴに帰り用のヘルメットや靴を入れてきて、汗などで濡れたヘルメットやブーツをカゴに入れていました。それが賢いかも、、、。

     

    移動4>自走でコースより第一パドック(コンテナ)へ

    行きと逆に、公道をパトカーの先導でまとまって自走で第一パドック(コンテナ)まで戻ります。

    ここで着替えを行い(宿舎に帰るまで長丁場なので、必須かと。またほとんどの人が祝賀会では受付で配られた公式Tシャツを着ています)、汚れたブーツやウェアなどはビニール袋に入れてバイクに引っ掛けておきます。これらはコンテナに入れられ、ライダーとは別に辰巳埠頭に向かいます。

    ただし、帰りはライダーが辰巳埠頭に到着したときにはすでにバイクと荷物は降ろされていて、しかも場合によってはバラバラになっています。同じブーツなどいくらでもあるので、しっかりと目印(目立つ袋に入れておくなど)をしておかないと、ロストバゲージ(他の人に間違えて持って帰られてしまう)が発生します。私のブーツも他の人に回収されていた(主催者の人が必死に聞き込みして探してくれました、感謝)し、チームメートのブーツは最後まで出てきませんでした、、、。

    (バイクに付けたトランスポンダは主催者が回収してくれていました。)

     

    移動5>バスにて祝賀会場へ

    若干のおつまみと、ビールなどが用意されている会場で、表彰式とじゃんけん大会(バイクが当たる!)が行われます。割と長丁場です(ので濡れたウェアだと体調を崩すと思われます)。

     

    移動6>バスにて宿舎へ

    宿舎での食事が出ます。あとは飲み飽きるまで飲む、、、わけですが、酒があるかどうかは宿舎に確認しておいたほうが良いかと思います。(私の泊まった宿舎にはなかったので、手持ちを飲みました。)

    風呂に入って、2日ぶりにお布団でしっかりと睡眠を取ります。ありがてぇ。

     

    日曜日 本土に向かって移動

     

    希望者にはオプショナルツアー(ジオツアー)あり。

    行きと同じように、大きな荷物はトラックで桟橋まで輸送してくれますので、預けます。

     

    移動1>ジオツアーもしくは、時間差で島市(物産展)会場に移動。

    ここで買い物やデモのあと、弁当で昼食です。

     

    移動2>出発桟橋へバスで移動。

    出発桟橋にはトラックに預けた荷物が来ていますので掌握します。

     

    移動3>フェリーで本土(竹芝)へ1330~

    千葉沖に到達するまでは外洋なので揺れます。乗り物酔い防止薬は必要でしょう。

     

    移動4>竹芝から駐車場へ

    電車で移動します。

     

    移動5>駐車場でトランポを掌握、バイクを受け取りに辰巳埠頭に移動します。

    辰巳埠頭にてバイクと、一緒に輸送してもらった荷物を掌握(ロストバゲージありましたが、、、)し、積み込み。

     

    移動6>お家に帰るまでがエンデューロレース、すでに時間は21時を回っていますが、頑張って帰宅します。お疲れ様でした!

     


     

    | バイク | 15:12 | comments(0) | - | - |
    曲がったカブのペダルをハンマーでぶっ叩いて直す
    0
      表題ママ。



      思いっきり後ろに曲がってしまいました。



      後ろのチェンジペダルに接近し過ぎて、ギアダウン困難です。
      ここ2戦、マトモにギアチェンジ出来てないなぁ。

      で、ぶっ叩く。



      はいOK。



      ギアチェンジ出来ます。

      カブは叩けばなんとかなる。
      | バイク | 14:35 | comments(0) | - | - |
      HA02カブ90のキャブレターガスケットセット
      0
        HA02カブ90のキャブレターガスケットセットをモノタロウで発注したので型番メモ。

        ホンダ ガスケットセット 16010GBG960

         

        JUGEMテーマ:車/バイク

        | バイク | 17:24 | comments(0) | - | - |
        WEXほうのきモペットクラスで参加しました
        0

          鈴蘭高原も出たんですけど、更新忘れてました。



          ほうのきはゲレンデの角度が鈴蘭よりキツイ設定で、モペットクラスは大変でした。
          全員押してたよ。ベスコンだから良かったけど、これマディだったら誰も上れなかったように思います。

          しかしスキー場ラウンドは本当に気持ち良いなぁ。

          | バイク | 17:06 | comments(0) | - | - |
          カフェカブ京都(大津)に行ってきました
          0
            2016年6月4日、カフェカブ京都に行ってきました。琵琶湖湖畔の大津で行われ、この日は快晴!とても気持ちいい日でした。

            写真は大津プリンスホテル37階のレイクビューダイニング ビオナから。



            3100円食べ放題で食べ過ぎて苦しくて、ほぼ昼寝していました。何しに行ったんだー?



            参加台数500台弱かな?
            色々なカブを見れて眼福でした。

            | バイク | 12:06 | comments(0) | - | - |
            カブでエンデューロレースに出る理由
            0



              エンデューロレースは長時間オフロードを走る競技で、言うまでもなくハードなスポーツだ。ガングリオンとかどこそこのコダワリとか、多少の気脈の詰まりから来る不調なんてレース後に解消してしまうほど(強制的に血流で押し流されるのだろう)で、これよりきついスポーツをボクはやったことがない。
              心身の緊張も激しく、スタート前には武者震いとも「俺はココにいていいのだろうか?!」という気弱の虫ともつかぬ震えで、昂ぶっているのかスタート前に後悔しているのか、よくわからない状態になるし、下手くそゆえ人一倍難所にハマって苦労するし、開始数分で「おうちに帰りたい」「素数を数えて落ち着くんだ」「うおおおおやってやるぜ!」というRPGでいう「こんらん」状況に陥ったまま、タイムアップまで過ごすことになる。完走すれば世界最高峰の山を征服したような、天下を取ったような気分になるし(どっちもやったことないけど)、ケガでリタイヤでもしようものなら自分が水辺の両生類の糞を集めた糞の山ほどの価値もないと痛む箇所を抱えながら落ち込んでしまう、非常に振り幅の激しい激情と言っていいほどの感情を味わうことになる。
              まぁ危険でもあることは否定できないスポーツだし、それに備えるために万全を期すようにはするし、逆に万全なんてものはないということや、「もし何々が起こったらどうしよう?」を起こる前に考えても仕方がないし、起こったら起こったで対応することも重要で、その対応も保険で金がどうこうより仲間を作って(こういう極限スポーツをやっているとその場にいる人は苦行を共にする仲間だと思えるし、実際に秒速で仲良くなる)誰かに頼ったり頼られたりのほうが重要という、最近流行りの「お金より関係」などの、人生の知見がバリバリと実感を伴って得られていくのも魅力です。
              まぁそういう日常をちょっと離れた状況に身を置くエンデューロレースなのですが、レースと言ってもボクが出ているのはWEXという初心者向きレースが主で、しかも毎回リザルトは最下位あたりを探せば見つかる程度なワケです。それでもトレール車(セロー)から一昨年ミニモトながらレーサー(KX85)に乗り換えて、バイクをステップアップしました。そしてKXを買ったのが嬉しすぎて、1日でKXとカブのダブルエントリーで2本走ったりとしながら「やっぱレーサースゲェなぁ!」「カブはやっぱオフ向けじゃないなぁ(当たり前)」とか思いつつ、これからフルサイズレーサーのYZ125Xあたりにステップアップかなってのが普通かと思うのです。
              ですが、そういう風に順調に日常から離れた速さを求めていくこと、それがレースの本道なのですが、「ん?ちょっとこの修業は、つきつめて道具も全てレーシング仕様にしていくと、なんていうか、日常の身体使い、生活へのフィードバックがかえって少なくなるぞ。」ということを考えるようになったのです。
              逆にカブは乗れば乗るほど「普段使いのカブでここまでイケルのか!」という驚きがありました。普段使いの身体を使っている、そして武術もバイクも普段使いの身体使い能力アップの修行のためと思っている自分としては、レーサーを乗り継いでいってもっと上のクラスでもっと速さを求める、というのは、なんか違うなと思い至るようになりました。
              それよりは普段使いの身体で普段使いのバイクを使い、非日常の修行をしたほうが、自分の目的とする「日常が壊れ(ケガ病気事故災害など)てもなんとかできると思える強さ」に近づけるような気がするのです。

              というわけで、WEX鈴蘭はモペットクラスで出ますね。前日の診療はお休みします。

               

              JUGEMテーマ:車/バイク

              | バイク | 15:06 | comments(0) | - | - |
              プレスカブのクラッチ不調、結局1週間で3回クラッチ開けました。
              0
                流石に慣れたわ。

                そしてプレスカブの試運転、ギアがスコスコ入って幸せ。

                この8万キロ3万円プレスカブ、オイル交換してもすぐオイルが汚れた理由がクラッチ開けたらすぐ分かった。
                「ここに汚れが貯まるんです」とFAQで言われるクラッチアウターのくぼみですが、ええ、汚れが溜まってましたよ。あふれるほどに。ていうか、溢れてた。まわりにベットリと、汚泥を固めたような汚れが堆積しており、例えるならオイルと泥でコテコテになったフロントスプロケットケースみたいな感じでした。(ドブの臭いがしました。)こら、あかんわ。これクラッチ開けたことないな多分。
                開けて掃除してキレイにした訳ですが、それでも2回目開けたときには「あ、まだココが汚れてる」とついでに掃除して、3度目にはまぁキレイだなとなったわけで、このぐらい何度かに分けて掃除が必要だなと。
                (エンジンの外側も分けて掃除して、ボルトのグリスアップも3度目にはまぁオイル湿潤してるなと言う感じ。)
                新車を磨き上げるのも無論楽しいけど、ボロを自分の手でバラしてそれなりに仕上げていくのも楽しいな、と、、、これ、沼ですかね?

                1回目 クリッピングポイント強化クラッチキット組み込み
                ガスケット剥がしにのべ4時間ほどかかった、、、。マニュアル首ったけ、クリッピングポイントのキットにもマニュアル付いてきてサービスマニュアル(ただし90)と見比べられるのは良かった。

                ここでクラッチ直結症状がでた(チェンジ入れた瞬間に繋がるしクリープが出る)ので、カブグループで聞いてみる。
                クラッチセンターガイドがオーバートルクで潰れたのではないか?との意見を聞いてクラッチセンターガイドを発注。

                 

                2回目 バラして見たが、クラッチセンターガイドに破損状況は見られない。一応交換したが、症状同じ。

                カブグループにコメントしてみると
                強化クラッチスプリングを使うとそんな感じになるというCommentが付く。(しばらく使っていると馴染むということ。)
                調整機構の部品に問題があるのでは?というCommentもつく。
                ノーマルスプリングと、調整機構の部品を発注。

                3回目
                スプリングをノーマルに、クラッチ調整機構の部品交換。

                完璧な調子になりました!
                スプリングも純正にしましたが、試走してみると全く同じ症状、、、「だめか、、、ん?クラッチ調整してないな」と調整してみると、完全なつながり具合、キレ具合に!
                思えば交換前からクラッチ調整しても「全く、何も変わらない」というのはおかしな話で、この辺りがヤレてたのが、ディスク交換で顕在化しただけで、クリッピングポイントの強化スプリングは無関係だったのかもしれません。

                クラッチ調整関係は5,7,9交換しました。
                | バイク | 11:55 | comments(0) | - | - |
                カブ90に腕時計を装着しました
                0

                  カブ90に腕時計を装着しました。
                  お値段以上?の900円。
                  カシオのスポーツ、、、風で、ベゼルも回らないし、周り のボタンは全てダミーという仕様(仕様?
                  10気圧防水がダミーで無いことを祈ります。

                   

                  | バイク | 11:49 | comments(0) | - | - |
                  プレスカブのフロントフォーク交換
                  0

                    プレスカブのフロントタイヤ曲がり問題、アクスルシャフトのカラーにワッシャーを噛ませて応急処置をしていたのですが、それでもボトム時に左フォークと当たります。
                    平らなところなら分からないんですがね、、、停車時に「サスが動くとフロントが前に行くだけ」と思うボトムリンクですが、ちゃんと動いてたんだなぁと。




                    ゴムブッシュとフロントサスペンションは交換したのですがね、、、
                    「結局、フォークが曲がってるんじゃね?」と、ヤフオクで解体フォークを購入1200円。



                    色が違いますw

                    交換前に、サスペンションとタイヤを移植してみると、真っ直ぐ、、、やっぱフロントフォーク曲がってたんか。



                    よし、交換します!

                    ちなみにプレスカブの色がセイシェルナイトブルー、いわゆる青色で、このフォークの色はうちのカブ90と同じユニオンシティーブルーメタリックで紺色のメタリックです。比べると全然違います。

                    さて、ハンドルをバラしますよ、、、配線ゴチャゴチャしていますが、色分けされているのでガシガシ外していって大丈夫です。うちのはライトやウインカー交換していますが、交換した先のコードにテープを貼って「青色」「オレンジ」など記載して区別しています。
                    ケーブル類も抜いて、メーターコードは現状でフォークの真ん中を通って泥除けの上を通りますが、ボトム時にタイヤに擦るのでブレーキレバーと共に右側を通すように変更します。
                    そして現れる強敵「ステアリングステムナット」



                    コイツが「貫通ドライバーで3日3晩叩き続けないと外れない」という噂のアイツです。
                    とりあえず、ラスペネ漬けにして一昼夜、、、その間に、ストレートでロックナットソケットを買ってきます。26×30ってヤツですね。(クラッチに使う方が26で今回使うほうが30。クラッチ用の工具がダブってしまったわ。)



                    うなれインパクト!ガガガ!外れません!すげー!流石!
                    というわけで、ラスペネ放置インパクト、ラスペネ放置インパクトと3クール目に外れました!
                    最後は1分ぐらいインパクトかけてました。貫通ドライバー3日はあながち大げさでは無いかもしれん。

                    バラしてみると、この辺りのダンパーもゴムなんですね。今回は再利用しましたが、ベアリングと共に交換した方がいいのかもしれません。このステアリングステムナット外すの超絶面倒くさいですからね。
                    そして(90の)サービスマニュアルをみると指定トルクが88N、、、そりゃはずれないわ。そしてタイヤを押さえながらの不安定な体制だと88Nかけることができませんでした。モアパワーが、筋トレが必要ですね、、、80Nで勘弁してください。



                    交換後です。
                    うーん、こうして見ると、色違いでもあまり目立たないかな、、、ってそんなことはなくてニコイチ丸出しなので、塗装必要ですんで、いっそのこと全塗装かな。(その前にステップにリターンスプリングを仕込まねば。)

                    | バイク | 10:14 | comments(0) | - | - |
                    プレスカブ、クラッチオーバーホール完了
                    0

                      午前2時前にクラッチオーバーホール、保安部品再装着完了、、、疲れました。
                      ムサシの投光器あれば夜でもイケるな!
                      (しかし流石に落ちたボルトナット探しはあきらめました。)

                       

                      全てが固着してた。ガスケットがヒドイ、二人がかりでスクレーパー2時間は余裕でかかった。

                      ナメると噂のプラススクリューはインパクトあれば余裕。ガスケットセットには六角レンチのスクリューがついていたが、インパクト使える方が良いのでは?とプラススクリュー再利用

                      オイルフィルターはあまり汚れてなかった

                      と思ったら、クラッチアウターの中にヘドロが。ドブの臭いのゴミが山ほど着いてた。
                      確かに「貯まる仕組み」らしいが、これクラッチ開けてないっぽい?
                      ならばオイルフィルターの意味とは?

                      強化ディスクセットの効果は正直、軽く試走したぐらいでは全く分からないけど、マニュアルが付いてきたのはありがたかった。2000円でディスク3枚とマニュアル付きだからサービスマニュアル無かったら非常にお買い得かな。

                      スレッドコンパウンドは5gだと一回分。固着でものすごく苦労することを思えば大きいサイズを買っておくべき。

                      クラッチプレートを発注ミスかましたようで、違う形態のものが手元に。正直、多少年度が違っても平気平気と思っていたが、パーツリストは自分の年式のものを揃えるべきでした。
                      まぁ使えてるし問題ないと思うけど。

                      疲れてくるとつまらないミスをするので、夜遅くに整備を始めるべきではないし、いくら投光器があっても出来れば日のあるうちが良い。まぁそんなこと言うてたら出来るときなんてないんだけども。

                       

                       

                      今回新たに買った工具はバンドホルダーとロックナットレンチ、あわせて3000円弱。

                      使用部品は

                      CLIPPING POINT クリッピングポイントの
                      強化ケブラークラッチキットとガスケットセット、

                      純正のクラッチプレート(これが1枚注文ミスったっぽい)とオイルフィルター、8mmのOリング。

                       

                       

                       

                       

                       

                      JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ

                      | バイク | 11:45 | comments(0) | - | - |