SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

居室待機

書を持ち野に出よう
「安いから」と気軽に買ってはいけない
0
    先日、四万十にカヤックで下りにいったとき、ふと自分のストーブを眺めてみました。 これにはディーラー(岩谷)から出荷した日のタグがついていました。 プリムス 1989年出荷の品でした。 今が2013年だから、24年前、ほぼ四半世紀にわたって使っていることになります。 まぁヘビーキャンパーではないので、使用頻度は低いのですが、それでも、かなり物持ちがいいといえましょう。 これを買うときには「カッチン(自動点火装置)が壊れると腹立つから、最初から付いていないやつにしよう。ライターでつければいいよ。」と考えて選んだ記憶があります。 学生が遊び用品として買うには、安くはなかったな。 それでも24年以上使えるなら、年あたりの価格はアホみたいな値段です。 こういう「自分の道具の使い方の実例」を見ていると、何か買うときには「もしかして、これ、ずっと使うんじゃない?」と考えて買うようになるようになりました。 「便利な新製品が出たから」とかましてや「今年のモデルが出たから」で買い替えたりはしない。壊れるまで使い倒す。 そうなってくると、「多少高くても、納得した品物を買おう」と思ってしまいますね。 「昨年モデルのアウトレットでお安くなっております!」は全然OKですけど、それで些細な不満点、例えば「ちょっとこの色は気に入らない」があるならば、多少高くても気に入ったものを買う。 そいつとひょっとしたら四半世紀、ということはこれからだと一生つきあうと考えると「バーゲンで安いから」という理由では選べませんわ。
    | アウトドアグッズ | 09:10 | comments(0) | - | - |
    そんな装備で大丈夫か
    0
      タイトルは2010年ネット流行語大賞。ニコニコ大百科によれば
      堕天使たちとの戦いに赴こうとするイーノックだが、 その身に纏う防具は古代ギリシャを思わせるような様式美溢れる鎧だった。 そんな彼に対し、「そんな装備で大丈夫か?」とルシフェルは問いかけるが、 「大丈夫だ、問題ない」とイーノックは自信満々な様子で返す。 しかし、戦いの地に降り立ったイーノックは堕天使たちに敗北を喫してしまう。 とどめを刺されそうになるイーノックだが、 「神は言っている、ここで死ぬ運命ではないと・・・」という謎のナレーションが入り、時間が巻き戻される。 だが戻り過ぎてタイトルまで戻ってしまうが・・・大丈夫だ、問題ない。 再び「そんな装備で大丈夫か?」と問いかけるルシフェルに、 イーノックは「一番いいのを頼む」と返すのだった―――。
      というわけで、装備は最初から「一番いいのを頼む」ようにしましょう! さて、川遊びなどでは 「足元がお留守だぜ」 と岩に生えたコケなどで滑ることが多々あります。 そんな時に「一番いいの」は、コレ! モンベルのサワーシューズです。 これしかありません。 昨年の川遊び中に、友人の岡本さんに借りて 「なんだこれ?!岩に吸い付く!」 と驚愕、即座にモンベル梅田まで買いに行ったが欠品、 「今日すぐ、今すぐ欲しいんです」 「調べてみたら六甲道店にありますね」 「では取り置きしてください、今から買いに行きます」 「」 と入手して以来、川で私の「足元」を守ってくれている逸品です。 底が分厚いフエルトで出来ていて、ぬめる岩でも確実にグリップしてくれますし、足底の感覚が適度に残りますので微妙な体重移動センサーにもなります。 川遊び、沢歩きはモチロン、カヤックのお供にも大活躍しています。 これであなたの水遊び人生が変わる!ほどのインパクトのある製品です。 すぐに買いましょう。人生、あと何回川遊びするのか?そのうちの貴重な1回以降をより快適に!してくれます。 欠点としては底のフエルトが分厚く、周りがゴムで出来ているので非常に乾きにくいことぐらいでしょうか。(1週間干して履いたらまだ湿っていたりします・・・。) まぁどうせ濡れるんですけど。
      | アウトドアグッズ | 01:07 | comments(0) | - | - |
      欲しいものはすぐに買ってしまえ
      0
        キャンプのたびに「背中痛ぇなぁ」と悩んでいました。 銀マットに寝袋という「普通の装備」なので、「まぁ、こんなもんかな」と思っていました。 しかし先日、自動膨張式のセミエアマットを購入、寝心地の良さに驚愕してしまいました。 なんだこれ、今までは何だったんだ…。 大きさも畳んで袋に入れれば、銀マットの1/4程度の大きさになり、パッキングに余裕ができました。 s-IMG_2824 s-IMG_2822 これを「そんなに使わないかもなぁ」「値段も相応にするよなぁ」とやっていると、貴重な週末キャンプの1回を快適に過ごす機会が失われるわけです。 週末は年に52回しかございません。 そのうち、いい気候で気持ちよくキャンプ出来る機会は何度あるか? そして私たちは永遠に生き続けるわけではありません。 (80歳でヘリコプター登山を楽しまれている方もいますが、あれは例外。) 健康で週末を楽しめるのはあと何年でしょうか? 「来年でいいや」は「永遠に若いママ生き続けるつもり」の若者が言うのはわかる。 でも、40オーバーの俺らが言うのはチャンチャラおかしい。自分、ホンマに60になっても健康で生きてる思う? さて、その貴重な機会を、快適にしてくれる便利なグッズは色々と売られています。 「すぐに買っちゃえ」 本当にそう思います。 そして大丈夫、「あんま使わんな」と思ったら、すぐに売っぱらってしまえばええ。 評判のいい商品を買っておけば、ヤフオクで必ず売れるから。(せやから「安いから」という理由で変なもん買うたら余計アカンかった時のダメージがデカイから、ええもん買え。) ね?買わない理由が無いのよ。 サーマレストも評判いいですよね。高いけど。 しかしながらさすがにリセールバリューも高く、先日「名前が書いてあります」というサーマレストがヤフオクで結構高値で取引されていました。 名前て…ファミコンのカセットかよ。 収納状態が出来るだけ小さい方がいいならエアマットでしょうか。 この手の折りたたみ式マットはデカイけど、クルマなら問題ないか。
        | アウトドアグッズ | 09:05 | comments(0) | - | - |