SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

居室待機

書を持ち野に出よう
<< ネパール地震に対してモンベル、アウトドア義援隊による義援金受付を開始 | main | 刀剣に興味なし >>
偏見のみで語るダートバイク
0
    ランバージャックスダートバイク部FBグループに投稿した「偏見のみで語るダートバイク」です。悪いけど、偏見だから、正しいとか間違ってるとか、どうでもいいからな!
    唐突に出てくる、はたひら少佐の偏見インプレ始まるよ〜 各社現行オフローダーのイメージ、トレール編 ホンダ CRF250L CRFとは名ばかりの詐欺トレール。初心者向きは確かだが、それにしては大きく重く、しかもカッコ悪いという三重苦。サリバン先生助けてください。なぜXR230を売り続けなかったのか?ホンダさんはXR230を復活させ、そして本当のCRFトレール化するべきでしょう!これでヤマハのセローWR路線に対抗できる。(でもCRFLラリーモデルはカッコいい。) FTR みんな存在忘れてたよね? ホンダが「アメリカで流行っているダートトラックレースを!」と生産開始したが、これが出た時にはみんな「ダートトラック?ポカーン」でした。いまだに状況は同じ。なぜ作り続けているのかよくわかりません。 クロスカブ 「それってオフローダー?」という疑問あるかもしれませんが、スーパーカブ90の走破性に驚いている俺からすると、これはもしかしてCRF250よりも「良いトレール車」なのではないか?と思っています。乗ったこと無いけど。普段使いはカブなんだから最高だろうし、フラットダートの林道ぐらいなら充分でしょう。普段使いにしていてたまに林道ツーリング、ならマジで候補に入れていいと思う。 カワサキ KLX250 これが出た当初エンジンを2気筒のニンジャエンジンを半分に割ったので「ハーフニンジャエンジン」と呼ばれていました。当然、オンロードエンジンなので下がスカっていて、あまり評判が良くありませんでした。2スト全盛だったしね。今はどうかは知らないが、やはり重くて下がスカっているという評判です。「戦う4スト」と題しているが、ちゃんとしたエンジンを作ってもらえ、お前が戦うべきはカワサキ上層部だ。 KLX125 数少ない、というか、唯一残された新車で買える原付オフローダー。原付2種は30キロ制限もなく、税金安くファミリーバイク特約が使えると、非常に維持しやすく普段使いにも良い、、、が、お前はなぜそんなに重いのだ?ダイエットしろと言いたいが、現実的に子どもがバイクがほしいツーリング行きたいと言えばこれを買い与えると思う。国産原付き2種オフロードを、もっと出して欲しい所。まぁクロスカブでもいいといえば良いが、流石にコースには持って行けないしね。 スズキ グラストラッカー オフというには迷うところだが、もうスズキにはこれしかない。おいお前なんで名車ハスラーの名前を軽自動車に与えてんだよ?フツーのバイクに思えるが、スズキは変態による変態のための変態バイクしか作らないので、きっとこのバイクも変態の闇を抱えていると思う。 ヤマハ セロー250 225から大きくなってガッカリしたが、それでも初心者向けとしては「これしかない」のでロングセラーとなったモデル。まぁ、名車と言っていいでしょう。色々と欠点もあるが、安い頑丈手頃、そして売れまくっているがゆえに情報とパーツがめちゃくちゃ豊富なので、「最初のバイク」として困る所がほとんどないと言える。しかしヤマハさん、そろそろモデルチェンジしてください。 WR250R どう考えてもこっちが「戦う4スト」だろう。ツーリングからレースまで使える万能バイク、しかも頑丈!オフロードを真剣に走りたいなら、実質トレールとしてはこれしか無いといえる。これも名車なんだけど、高ぇよ。値段もシートも。貧乏人が買おうとすると長期ローンが、短足が普段使いに使おうとすると、信号待ちのたびに縁石を探す(足置き)ことが、必要となるでしょう。 続いては各社現行オフローダーのイメージ、レーサー編だよー、450とかは何のイメージもないから書かないし、当然走行性能とかわかんないからイメージだけだよ。 ホンダ CRF250 成田のチャンピオンマシン。2本出しマフラーが特徴的でレース場でも非常に目立つ。 これを見るたびに「ああ、ホンダレッド、いいなぁ。」と思うと同時に「CRF250Lと同じ名前でかわいそうだなぁ、北斗神拳の兄弟でジャギが一番有名で、ラオウやケンシロウが名乗るたびに、ああ、ジャギのお兄さん、弟さん、といわれるような微妙な感情があるんだろうなぁ」と思わざるをえない。(北斗神拳も南斗聖拳も使えるジャギをdisっているわけじゃないので、誤解なきよう。) CRF250X CRFのエンデューロマシンなのだが、存在感は今ひとつ。ホンダさんは「とりあえずフルラインナップ」揃えるが、本気度の差が外から見ていてわかるような気がする。 これ、テキトーに作りましたよね? CRF150 これ欲しい。中学生用のモトクロッサーだが、とても軽そうでKX85と最後まで迷った。小さいながらもホンダレッドがよく似合い、かっこいいと思う。WEXでもこいつにぶち抜かれること幾度も。そのままだけど「エンデューロに出てくる小さいモトクロッサー」というイメージ。 CRF125F セルつきだし、初心者向けにちょうど良いんじゃない?と思って試乗したら、フレームもサスもとても頼りなくてエンジンパワーもなく、初心者向けというよりも子供だましに思えた。ファンバイクというくくりなんだろうが、、、。 ヤマハ YZ250F 岡本社長の愛車。ヤマハブルーがとてもかっこいい。レース場でもよく見かけ「ザ・モトクロッサー」の座をCRF250Fと二分しているように思う。ヤマハは2ストのYZ250も作っているが、末尾のFだけで区別するというのは逆にすごいと思う。全然ちゃうやん。 YZ250FX ヤマハ渾身のエンデューロレーサー。チャンプマナブのチャンピオンマシンでもあるし、デビュー時にJNCC123フィニッシュは記憶にあたらしい所。沼ちゃんが発注中だが、納車を心待ちにしている。 WR250F 長らくヤマハエンデューロレーサーとして君臨してきた上に、昨年モデルまで?は市販車エンジンとメンテも簡単そうで一定の存在感があった。今年モデルからエンジンが前方吸気後方排気のYZエンジンと統一になったので戦闘力はあがったのだろうが、FXとの住み分けが気になる所。 YZ125 国産で唯一残った2ストフルサイズ125。欲しい。昨日クロスアップに展示してあるのを舐めるように見てしまったが、やはりカッコいい。大して売れもしないだろうに(失礼)作り続けているヤマハさんはエライ! YZ85 WEXでアグレッシブな走りを見せる西岡さんのイメージが強いマシン。排気デバイスがついてないの?昔ながらのドッカン2ストという噂だが、それって85の場合、下がスカスカって意味じゃあ?これでエンデューロは大変だと思う。KX85がモデルチェンジした今、ヤマハがこれに追従するか?4スト150を出すか?興味は尽きないが、これ自体はもう役目を終えたように思う。 カワサキ KX250F ダートスポーツのIA1ワタライさんや、ピットクルーの中の人など、エンデューロにも使っている人が多いように思う。レース場では少数派だし、エンデューロでは赤青オレンジが主流なので緑は目立つね。 KX85 維持がこんなに大変だとは思っていなかったよ。トルクフルと言われるがそれは「85にしては」だった。CRF150と最後まで迷ったが、正解だったかどうかわからない。38万円と非常に安価。WEBでの情報がかなり少ないので、大人が自分で買って維持している例は少ないのかもしれない。 KLX110 カテゴリとしてはプレイバイクでCRF125と同じ?乗ったことはおろか、見たこともない。フレームがCRF125より頑丈?という噂なので、買うならコッチがいいかもしれない。知らんけど。 スズキ RMZ250 あまり見ないし、よくわからんけど、きっと変態の闇を抱えている。 実は自分の中で全く理解しきれていない外車編はじまるよ〜 ベータ トライアルバイクのメーカーとして名を馳せるベータだが、最近、WEXなどでもちょくちょく見かけるようになってきた。ウブカタさんの情報発信もあり「もしかして良いバイクなんじゃ?」という気になってしまうが、イタリア車なので、もし買ったとしたらタダで済むはずがない。きっとボルトが2〜3本付いてないとか、ヘタしたらスポークが何本か無いとかバラしてみたらガスケットが付いてないとかありそうだ。それでも赤がカッコいいイカしたやつ。ウブカタさんからLCのボアアップ版を買いたいぜ。 シェルコ スペインのトライアルバイクメーカー、シェルコもエンデューロバイクSEFが出ました。細身でとてもかっこいいんだけど、そもそも、どこでこれ売っているんだ? 多分、スペインの農奴がワインを飲みながら組み立てたバイクだろうから、品質はお察し。 ガスガス これまたスペインのトライアルバイクメーカー、社長所有のランドネでお馴染みのガスガス。GASGASのロゴがとてもかっこいい。「初心者向け」のランドネにして、岡本社長を「いや、大変ですよ」と半笑いにさせる実力を発揮。 ECシリーズよりもかなりお安い割に、かっこよさそのままのCAMIシリーズには興味を惹かれるが、どうせスペインの農奴がワインを飲みながら組み立てたバイクだろうから、品質はお察し。 フサベル 俺がバイクに乗り始めた頃、突如として現れたスウェーデンのエンデューロバイクメーカー。ハスクバーナがカジバに売却された時にエンジニアが飛び出して会社を創業した。その生まれからも、生粋のエンデューロバイクメーカーのイメージが強く、しばらくして輸入されたフサベルの余りの背の高さに「本場ではこういったバイクが必要とされているんだ!」「外人、でけぇ!」と驚いた。あっ、値段にも驚きました。 最近、再びハスクバーナに戻った。正直、もったいない。 ハスクバーナ LJではチェーンソーメーカーとしてのほうが有名。 もともと軍事メーカーであることもあり、サーブ(ドラケン、ビゲンなどの三角翼の戦闘機)と俺的にはイメージがかぶる。銃口と照準のマークがたまらなくカッコいいが、あまりの背の高さと価格の高さで、憧れるところまで行かなかった。だってちょっとでも見るようになったの、最近だよ? カジバ、BMW、KTMと売却を繰り返して、今は何がなんだか分からない状態だが、それでも残っているのはブランドの強さでしょうね。 KTM 日本の4大メーカーがうかうかしているうちに「オフロードといえばKTM」という評価を得てしまった。それもそのはず、かっこいいんじゃあ!KTM125EXC6Daysがもう20万安かったら、ヤバかった。 JNCCはおろかWEXでも非常によく見る。ロゴも売り方も、バイク自体もとてもかっこいい。なんだよKTMオレンジヘルプって、惚れてまうやろ。レースに出たKTMユーザーの写真を撮ってあげますサービスってなんだよ、俺もKTM買って撮って欲しいよ! AJP あじゃぱー。 スコルパ 日本人ユーザーが手弁当で作ったトライアルバイクTY125(ランドネと実質同じ)を作っているスコルパもT-Rideとかいう細身のエンデューロバイクを作った。かなり気になる存在だが、品質はお察し。イメージカラーが青からオレンジになった?のだが、ヤマハエンジンをいまだに搭載している。なんだよ、KTMと誤認させたいのか? もういっそ黄色にしとけよ、黄色いらねぇからやるよ、黄色。
    | バイク | 10:05 | comments(0) | - | - |