SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

居室待機

書を持ち野に出よう
<< プレスカブの尾灯、ナンバー、リアウインカー処理 | main | プレスカブのフロントブッシュ・サスペンションを交換 >>
カブをバッテリーレスに
0

     

    16V10000μFのコンデンサーをバッテリーのかわりに付けました。

    しばらく使ってみましたが、やや容量不足な感じです。更に同型コンデンサーを並列で容量追加予定です。

     

    キャブレターモデルカブの電装系とバッテリーレス化について

    カブのエンジン点火はマグネトー式なのでバッテリーは関係ない。草刈り機とか小型耕運機などと同じ。
    発電された電力は交流と直流(半波直流?ダイオードでマイナス電力をカットしただけ?)に分かれて、ヘッドライトやテールランプなどには交流が行っているので、これもバッテリー関係ない。直流がバッテリーに流れ込み、インジケーターランプやウインカーなどに行くので、ここで電流は平滑化される。ところが(もしくは、なので)、死んだバッテリーを積んでいるとエンジン回転数でウインカーの動作が変わったりする。
    コンデンサーでバッテリーを代替させると、エンジンがかかって発電している間はバッテリーがあるのとほぼ同じ動作をするので違いは体感できないが、エンジンを切ると「極小バッテリー」となる事がわかる。具体的に10000μファラッドだと、キーオンで1秒程度ニュートラルランプを光らせるぐらい電流が流れ、ゆっくりと消える。「ああ、貯めた電流使い切ったな」って感じ。

    結論として「あまり乗らないキック式キャブレターモデル」ならバッテリーレス化してもデメリット無いと思う。寿命だけが分からん。
    メリットはバッテリー管理が不要になることと、コストパフォーマンス(16V10000μFコンデンサーで200円ぐらい)、軽量化と小型化。

    インジェクションは電子制御なので、点火出来るかどうかは知らん。

    間違いあったらご指摘下さい!

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ

     

    | バイク | 09:54 | comments(3) | - | - |
    もともとのバッテリーの電圧が12Vならコンデンサの耐圧16Vは低過ぎます。
    最低でも25V 可能であれば50Vを使用したほうが安心ですね(^^)
    6Vのマシンなら16Vで大丈夫でしょう。
    | maestro | 2017/03/24 6:20 PM |

    ご教示あざっす!
    リプレースします!
    | はたひら | 2017/04/12 11:49 AM |

    50V33000μファラッドにしました!ありがとうございます!239円でした。最初からコレにすれば良かった。
    | はたひら | 2017/04/12 8:48 PM |