SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

居室待機

書を持ち野に出よう
<< 帰ってきた診断メーカー、ただし | main | ナンバ歩き/甲野先生動画 >>
受け身で人生が開けた
0
    昨年の10月、バイクで事故を起こしました。 片側1車線の幹線道路を走っていたところ、交差点を超えてバックして止まったタクシーを発見「マナー悪いタクシーやな。これはドア開くな。」と右側を通り抜けようとすると、タクシーは右折急発進、避けようとしましたが急発進したタクシーを避けきれず、前輪あたりに激突しました。 その時、ボンネット上を飛び越え、宙を飛んでアスファルトに叩きつけられた… ら、多分、人生終わっていたと思います。 この衝突でバイク、タクシーとも全損廃車、すっ飛んだバイクで道路横のフェンスも破損したような状況です。 この状況でも、ボンネットを超えて地面が近づいた時に、右手から受け身に入り、キレイに右肩から左下半身の方に前回り受け身を取ることが出来ました。 これによって頭を打つこと無く、ヘルメットにも目立った破損はありませんでした。 これ、受け身を取れなかったら、私、死んでましたわ。 受け身で人生が開けた、といいますか、DEAD ENDフラグが立っていた状況から、「武術のお陰で生き残れた」わけです。 世の中にはあまたのスポーツありますが「これをやっていたおかげで生き残ることが出来た」といえるのは、武術ぐらいではないでしょうか。 本当、受け身がとれるかどうかで、生き残るか死ぬか、生き残ったとしてもその後の障害状況とか「人生に大きく影響する」わけです。 みんな、武術やろうや。絶対役に立つぞ。
    | 身体運用 | 10:07 | comments(1) | - | - |
    [...] 昨日、受け身は大事だよということをエントリしました。 [...]
    | ヘルメットがなければ即死だった | 居室待機 | 2013/07/31 11:07 AM |